不動産投資の種類について

不動産投資は、不動産を活用し収益を得るという投資方法です。


不動産といってもいくつかの種類がありますが、一般に不動産投資は、土地活用として認識されており、土地を利用して収益を上げることを意味しています。
不動産投資としては、その土地に何らかの収益性のある事業を行うというものであり、もっとも投資費用が少ないのが駐車場です。

駐車場といっても月極駐車場とコインパーキングがあり、また露天もあれば屋根付きやガレージ形式のものまでさまざまです。


ただし駐車場経営でネックとなるのが利用者の確保であり、利用者が少ないと投資した金額が回収できないリスクがあります。

また貸家やアパート、マンションといった集合住宅を建てて、家賃で収入を得るという方法もあります。
一度、入居してもらえれば、数年から十数年以上は居住してくれるので、安定した収益を得ることができますが、建物の維持管理など家主としての責任があるなど、駐車場以上に経営者としての才覚が求められます。

いずれにしても誰かに貸し出して利益を得る場合にはその立地が重要になります。

また近年増えてきているのが太陽光発電システムを設置したものです。

こちらは国の政策で安定した電気の買取りが行われるので、比較的安全に投資した金額を回収することができます。

なお、不動産投資でも直接、不動産を保有せずにすでに不動産投資を行っている投資ファンドに出資して利息を得るという方法もあります。

http://matome.naver.jp/odai/2141986970400812801
https://www.youtube.com/watch?v=hZAae5cX4QU
http://matome.naver.jp/odai/2139149829207278501

フランチャイズの加盟の情報がいっぱい詰まったサイトです。

資産運用の節税が最近こちらで話題になっています。



SBI証券の手数料に関する情報収集をサポートします。

不動産投資の資産運用について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。